TOP > 観光エリア > 大阪城エリア > 大阪城公園の紅葉散策

大阪城公園の紅葉とおすすめスポット

[ 大阪城の紅葉 : 紅葉のおすすめスポット : 紅葉スポットの行き方 : おすすめコース) ]

2017年の大阪城公園の紅葉の見ごろは、公式で予想していたように中旬ごろから始まりました。 詳細は公式ページ(大阪城パークセンター)でご確認ください。

大阪城公園の紅葉スポットをご紹介しています。 大阪市内から本格的な紅葉を観賞するときは、観光名所の箕面や京都などまで遠出することになると思いますが、本格的でなくてもよいので気軽に大阪市内で紅葉を楽しみたいときは、 大阪城公園がアクセスが便利で紅葉が楽しめるスポットだと思います。

大阪城公園の紅葉は、桜とイチョウが多くもみじも少しですがあります。

[ 大阪城公園の紅葉の楽しみ方 ]

大阪城の園内全体で紅葉を感じることは出来ると思いますが、特におすすめの紅葉スポットをご紹介します。 大阪城公園では、桜の木が多く赤・橙・茶系の混じり合った色味の紅葉が目立ちます。また、公園の西側の外周から北そして南東にかけての長い歩道がイチョウ並木となっているので見ごたえがあります。 東外堀の南側には、もみじを集めた小さなエリアもあります。

紅く染まる色鮮やかなもみじは少ないですが、特に桜の紅葉は桜並木があったり大阪城を背景に眺めることができるスポットなどもあるので楽しめると思います。

主要駅からのアクセス [ 新大阪駅・大阪駅などから大阪城公園までの行き方 ]

◇  大阪発着の高速バス「格安からゆったりリラックスできるタイプなど」  空席状況もチェックできる楽天トラベル

大阪城公園のすぐ横にあるホテルニューオータニ大阪を楽天トラベルで検索

眺めが素敵な大阪城側の上層部がオススメ まずは空室チェック

大阪城公園の紅葉の見どころスポット

< 紅葉のおすすめスポット >

[ 1.イチョウ並木 : 2.南外堀 : 3.本丸 : 4.もみじ園 : 5.西の丸庭園 ]

[ 1.イチョウ並木 ] 簡略地図の橙色1番の長い歩道

大阪城公園内には、約1km以上続く長いイチョウ並木があります。(広めの歩道で、両側にイチョウが並んでいます。)

大阪城公園の最寄り駅の一つでもある「地下鉄森ノ宮駅」から少し歩いたところに噴水広場があるのですが、 この噴水場所から大阪城北外堀の西の端まで続く道です。

余り嬉しくはないですが、道に落ちて潰れたイチョウの実から独特な香りが漂ってくる場所もあります。

平日の南東付近のイチョウ並木の様子。

[ 2.南外堀 ] 簡略地図の橙色2番の歩道

桜のお花見でも人気スポットですが、南外堀沿いは桜の並木道となっていて、途中には一面桜に包まれるエリアがあるので見ごたえがあります。

桜の紅葉は、赤・橙・茶と赤系の色味で、もみじの鮮やかな紅色ほどではないですが、秋を感じることが十分出来ると思います。

南外堀の歩道を中央あたりまで進むと、一面桜の木の紅葉の景色が楽しめます。

[ 3.本丸 ] 簡略地図の橙色3番のエリア

本丸の天守閣前のエリアには、樹齢約200年の大きなイチョウの木があり、天守閣の裏側にある刻印石広場の木々も紅葉しています。

天守閣とイライザを背景にしたイチョウの木。

天守閣の裏側にある刻印石広場の紅葉の様子。

[ 4.もみじ園 ] 簡略地図の橙色4番のエリア

東外堀の南側に小さなエリアですが、もみじを集めたエリアもあります。

もみじの木は小さなものが多いですが、紅色の鮮やかな紅葉は見応えがあります。

平日のもみじエリアの様子。

紅く染まるもみじの紅葉を見ることができます。

[ 5.西の丸庭園 有料 ] 簡略地図の橙色5番のエリア

西の丸庭園は有料ですが、ソメイヨシノなど約300本の桜の木があり、天守閣を背景にしても桜の紅葉が楽しめます。

この時期はイルミネーションのイベントをしてることがあり、この場合は昼間の明るい時間帯は機材などが見えてしまいます。

紅葉のスポットまでの行き方

1の「イチョウ並木」は公園の北西から南東までと非常に長いので複数の最寄り駅があります。西側からだと地下鉄天満橋駅が最寄り駅で、東側からだと森ノ宮駅が最寄り駅になります。イチョウ並木は端まで全て歩かなくても十分楽しめると思うので JRの大阪城公園駅や大阪ビジネスパーク駅からでもよいかと思います。

地下鉄天満橋駅から北外堀の西側まで約10分、地下鉄森ノ宮駅から南東側まで約5分。

2の「南外堀」の最寄り駅は谷町4丁目駅です。大阪城公園に入って少し東に歩くと南外堀です。駅から約6~8分。

4の「本丸」は公園周辺の各駅から約15~20分。

4の「もみじ園」の最寄り駅は地下鉄の森ノ宮駅です。噴水の方へ進んで行き、更に進むと東外堀が見えてくるので、その手前の左側にあります。駅から約6~8分。

5の「西の丸庭園」の入口は南側のみなので谷町4丁目駅が最寄り駅です。大手門から通って少し歩くと入園口があります。谷町4丁目駅から西の丸庭園まで約10~12分。

紅葉散策のおすすめコース

ここでご紹介しているコースは、上記のおすすめ紅葉スポットと天守閣を効率よく巡る行き方になっています。

1.このコースは大阪城公園の南西の入口がスタートとなっています。公園の南西の角から右(南外堀を左側に見ながら)に進んで行くと2の「南外堀の桜の紅葉」があります。

最寄り駅の谷町4丁目駅から大阪城公園の南西入口までの行き方の詳細はこちらのページです。

2.南外堀を端まで進むと左(堀沿い)に行きます。すこし歩くと玉造門へと続く大きな道に出てくるのですが、この道には行かず更に進んで行くと長い下り階段が見えてきます。

2枚目の写真は奥に玉造門があるのですが、この道には進まず、上記地図のように4の方向に進みます。

3.階段を降りて少し歩くと左右に続く大きな歩道に交差しますが、この手前の右側に4の「もみじ園」があります。

左に行った場合は東外堀沿いの桜並木の紅葉が楽しめます。

4.もみじ園から出て先ほどの交差の歩道を右に進んで行くと噴水広場に出ます。

5.噴水を左に曲がります。ここから1の「イチョウ並木」が始まります。(イチョウが黄金色に紅葉しているのですぐにわかると思います。)

6.イチョウ並木を進んで行き、大阪城の裏門(北側)の青屋門まできたら、まだイチョウ並木の途中ですが外堀を渡り天守閣の方へと向かいます。

7.青屋門を抜けると右(内堀を左側に見ながら)に行き、少し歩くと本丸へと繋がる極楽橋があるので渡ります。

8.道なりに進むと天守閣の裏側にある3の「刻印石広場」の本丸で紅葉を楽しめるスポットに出てきます。

9.天守閣の前には樹齢約200年の大きなイチョウの木が黄金色に紅葉しています。

10.天守閣の正門の桜門から出て右(内堀を右に見ながら)に行きます。

11.少し進むと大手門の手前に5の「西の丸庭園(有料)」があります。

12.大手門を出て左に行くとスタート地点に着きます。

ミニメモ

ポイントは、2の南外堀の東側から東外堀・もみじ園方面にかけて、非常に高低差のある地形になっていて途中には長い階段があります。 (上記地図の星マークの場所です。) 東側が低いので、このコースでは長い階段を下るので比較的に楽かなと思います。 天守閣に正門から行きたい場合は、このおすすめコースを逆に進んで行くことになります。この場合は、長い階段を上ることになるのでご注意ください。

大阪城公園内(天守閣など)

[d] » 西の丸庭園と梅林の詳細

大阪城をじっくり観光コース

大阪城にある13棟の重要文化財をできるだけたくさん巡って行けるルートにしています。スタートは大阪城の正面玄関の「大手門」、そして内堀に外堀と歩く距離が非常に長くなっていますので 時間と体力のある方向けになっています。

» じっくり観光コースの詳細

公園周辺(OBPなど)

ピックアップ 記事

2018年のUJSもイベントが盛りだくさん。今年も大好評のユニバーサルクールジャパンが開催。 » USJの詳細

大阪駅・梅田駅周辺の広大な地下街を観光する。各スポットまでの行き方など。 » 梅田地下街の詳細

大阪名物のお菓子に人気キャラクターのグッズなどお土産のお店。 » なんば周辺のお土産店の詳細

ハルカス300展望台から大阪を眺望。 » ハルカス300の詳細

駅の近くにあるコインロッカーを利用する