TOP > 観光エリア > 大阪ミナミエリア > なんば周辺

大阪ミナミのなんば駅周辺を観光

[ 戎橋筋商店街 : 千日前 : 法善寺横丁(千日前) : なんばグランド花月(千日前) : 道具屋筋商店街 :  でんでんタウン : なんばパークス : なんば地下街 : スポットまでの行き方 ]

大阪ミナミエリアの難波駅周辺にある観光スポットをご紹介しています。 難波駅周辺には、老舗百貨店の高島屋から若者に人気のショップが集まっているなんばCITYやなんばパークスなどがあります。 なんばには、商店街が複数あり「戎橋商店街」に「千日前商店街」に「道具屋筋商店街」とそれぞれ繋がっています。 地下には、一駅以上続く地下街の「なんばウォーク」もあります。地下街からは、地下鉄の駅やJR大阪難波駅やなんばマルイに高島屋になんばCITYなどとも繋がっています。

道頓堀川では遊覧の約20分程のクルーズもあります。戎橋ではグリコの看板の記念撮影スポットとなっています。

主要駅から [ 新大阪駅・大阪駅などから道頓堀までの行き方 ]

◇  大阪発着の高速バス「格安からゆったりリラックスできるタイプなど」  空席状況もチェックできる楽天トラベル

大阪ミナミエリアとなんば駅周辺の観光スポットの簡略地図です。

なんば・天王寺周辺のホテルを楽天トラベルから検索

空室状況をチェック 複数のプランから選ぶことが出来て便利です。

戎橋筋商店街

戎橋筋商店街は、なんばの観光スポット「グリコの看板」「道頓堀」に行くルートとして利用しますが、地元で人気の豚まんやチーズケーキなどのお店もあります。

戎橋筋商店街の東側には並行して通る千日前筋があり、アーケードで繋がっています。

戎橋筋商店街の南端の入口の写真です。

千日前筋

千日前筋は、戎橋筋商店街の東側に並行して通る商店街で北は道頓堀まで南はNGKや道具屋筋商店街のあるところまで続いています。

千日前筋の途中で幹線道路の千日前通を横断するのですが、千日前通から道頓堀の間を「千日前商店街」と言って名称が違うようで、 実際のところ詳細は分からなかったです。おそらく一般的には全体をまとめて千日前といってるのではないでしょうか。

[ 法善寺横丁 ]

千日前通より北側の千日前には、法善寺横丁への入口があります。法善寺横丁のエリアは狭いですが、細い路地なので商店街などとは違った雰囲気を味わえるかもしれません。 左の写真が千日前からの入口で、右が西側からの入口です。

昼間の写真ですが、夜はお店の灯などでもっと雰囲気が出てよいのかもしれないです。

すごく見過ごしやすいですが、道頓堀筋にも法善寺横丁に通じる通路があります。(有名なうどん屋の横です。)

入口には「浮世小路」の看板が出ていて、レトロな雰囲気にディスプレイされている細い路地です。

ミニメモ

道頓堀筋から法善寺横丁に入る浮世小路は、見過ごしやすい細い路地ですが、記念撮影に良い場所ではないでしょうか。

[ なんばグランド花月 ]

千日前の南側には、お笑いでお馴染みの吉本興業の劇場「よしもとグランド花月(NGK)」があります。 若手に中堅に大御所芸人さんの漫才から人気の吉本新喜劇がほぼ毎日公演しています。

期間ごとに芸人さんも入れ替わるようなので是非なんばグランド花月の公式ページでチェックしてみて下さい。

建物の1階はチケット売り場と飲食店とおみやげ売場とAKB48カフェがあり、2階フロアに会場の入口があります。

NGKの向かいのYES-NANBAビルの5階には、若手が出演する「よしもと漫才劇場」、地下1階には「NMB48劇場」があります。

ミニメモ

大阪の観光コースにも含まれていたり人気も上昇しているので特に土日祝日は満席になることも多いようで、NGKに行く予定の方は事前予約がおすすめです。 (当日券は、立見席になる可能性が高いようです。)

道具屋筋商店街

道具屋筋商店街は、千日前筋の南端から続くアーケードの商店街で、料理関係のプロも利用する料理道具を取り扱う専門店が集まった約150mほどの商店街になっています。

道具屋筋商店街の南端は、電気製品とアニメとゲームのお店が集まった「でんでんタウン」の北側にある「なんさん通り」に繋がっています。

一般家庭でも使う食器などから普段見慣れない調理器具やお店のディスプレイに制服などもあり見ているだけでも面白いです。

飲食店のディスプレイで展示しているサンプルの制作体験ができるお店もありました。おみやげとしても面白そうです。

でんでんタウン

でんでんタウンは、家電量販店にパソコン・ゲーム・音楽・アニメなどの専門店に、フィギュア・プラモデルなどのホビー関係のお店にメイドカフェといろいろなお店が集まったエリアとなっています。

昔は、電気のまちとして有名でしたが、家電量販店が近年減少してきてメイド喫茶やアニメ関係のフィギュアにグッズなどのホビーのお店が増えてきて趣味の専門店のまちと 変化してきてるようです。

日本橋でんでんタウンの大通りと、2本ほど西側にある筋のオタロードです。

最寄り駅は、地下鉄堺筋線の恵美須町駅で改札から地上に上がるとでんでんタウンエリアの南側あたりに出てきます。 地下鉄御堂筋線のなんば駅からもなんばCITYのお店もしくわ千日前・道具屋筋の商店街などを眺めながら行けるので、わりと近くに感じます。

なんばパークス

約200店舗を超えるショップが集まり、レストラン・シネマ・アミューズメントなどもあるので1日楽しめる商業施設となっています。

屋上庭園も特徴の一つで、商業施設としては国内最大級の規模にもなるパークスガーデンがあります。

なんば繁華街の中で、自然を感じることのできるスポットにもなっています。約500種類以上と多種多様の植物があるパークスガーデンでは、 木々に包まれたベンチでリラックスしたり、屋上全体が庭園となっているので散策するのも楽しいと思います。

なんばパークスの詳細はこちらのページをご覧ください。

観光スポットまでの行き方

 ここでは、最寄り駅から観光スポットまでの行き方をメインとしてご紹介しています。

 難波周辺には、複数の路線が集まっていますが、西側にはJR難波駅、中心には御堂筋線と千日前線のなんば駅と近鉄阪神の大阪難波駅、東側には千日前線と堺筋線の日本橋駅と近鉄阪神の近鉄日本橋駅、南側には南海のなんば駅があります。

難波周辺のJR・地下鉄・近鉄阪神・南海の駅は、地下通路・地下街で繋がっているので、目的の近くまで地上には出ずに地下通路で行くのがわかりやすいと思います。

〇 「戎橋筋商店街」 地下鉄なんば駅からは、南改札から出ると近くにマルイがあり、マルイの横が戎橋商店街になっているので入り口横の階段から地上に上がるとわかりやすいと思います。

〇 「千日前筋商店街」 戎橋筋商店街の東側に並ぶ筋で、北へ行くと道頓堀に、南へ行くとNGKと道具屋筋商店街があります。

〇 「なんばパークス」 地下鉄なんば駅の南改札から出て、さらに南へ進んで行くと「なんばCITY]があり、ここをさらに進んで行くとなんばCITY南館があるのですが、この横になんばパークスがあります。 JR難波駅からだと、地下通路で地下鉄御堂筋線の南改札を目指して進んで行くことになります。

今では定番となった大阪に本店がある「 モンシェール 楽天市場店 」で人気の堂島ロール。

なんば駅から心斎橋駅周辺のスポット

 » ショッピングの詳細

ピックアップ 記事

2018年のUJSもイベントが盛りだくさん。今年も大好評のユニバーサルクールジャパンが開催。 » USJの詳細

大阪駅・梅田駅周辺の広大な地下街を観光する。各スポットまでの行き方など。 » 梅田地下街の詳細

大阪名物のお菓子に人気キャラクターのグッズなどお土産のお店。 » なんば周辺のお土産店の詳細

難波周辺のなにかと便利な100均のお店はどこ

ハルカス300展望台から大阪を眺望。 » ハルカス300の詳細